fcb.portal.reset.password

El tècnic Tata Martino, al costat de Paolorroso y Pautasso / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

タタ・マルティノのバルサはリーガ最初の3節を全勝、素晴らしい出来でリーガ中断を迎えることになった。レバンテ戦、マラガ戦を受けてのメスタージャでの試合は自チームの選手たちが良いプレーをしたとした。「私たちがプレーしたピッチ、相手チームのレベル、我々のプレーの出来からみて、今回が私たちの最高の形になる」。

監督は、0−3とした時点でチームは「ひどい方向へ行くライセンス」を出すべきではなかったとした。「5分から10分バレンシアに花を持たせ、3点差があったところで油断したことを私は心配している。対戦相手にチャンスを与えるなんてことはしてはならない。もしそうなるのだとしたら、それは相手のメリットによるもので、私たちの方に理由があるべきではない」。

「試合は3−3、2−3、2−5で終わる可能性があった。どういう結果に終わっていたとしてもチームの出来にとても満足していただろう。それまで我々に欠けていたものを今回見つけたのだから」とマルティノ。さらにこう付け加えている。「このレベルの選手たちを率いる時には欠けているものがあるなんて言うことなんてできない」。好材料の1つがメッシとネイマールが理解を深めていること。「最初の試合ではメッシとネイマールの連携を心配する向きがあった。が、24時間でそれは解消された」。

上に戻る