fcb.portal.reset.password

バルサ-アスレティック戦でのマルティノ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

マルティノがアスレティック戦を行なう前に、タタ本人が認めたように、バルサは今週、つらい週を過ごし、それを乗り越え、今週の日曜日の試合があった。その意味で、マルティノは「私達に好意的な状況ではなかったが、私達は掲示板を逆転させるべく、向かっていった」ことを認めた。アスレティックは、アドゥリスのゴールで先制したが、ペドロとメッシが二分間で決めたゴールが試合を逆転させた。「サッカーだけでなく、私達は逆転するためのガッツを証明した」と監督は話した。

ヘラルド・マルティノは、また、グラナダ戦の状況を思い起こさせるシーンがあったことも認め、「こんなにチャンスがありながら、ゴールできないのは普通ではない」と考えたことも明かした。

バルサは、他のミッドフィルダーを4人使っていた試合とは変えて、再び、三人のFW-メッシ、ペドロ、アレクシスーでプレーした。その状況について、マルティノは「対戦相手がどのようにプレーするかによって、評価しなければならない。アスレティックはボールを手にし、相手にもプレーさせるのを好むチームだ」とその理由を説明した。また、「メッシについて私はとても満足している。彼は一番、自分で良く知っているやり方で、つまり、ことばではなく、ピッチ上で、彼自身を守ったのだから、私はメッシのためにも、とても満足しているよ」と付け加えた。

最後にヘラルド・マルティノは、観客の役割についても話し、「私は観衆がチームを応援してくれた時のことを胸にしまっておくよ」と答えるにとどめた。

上に戻る