fcb.portal.reset.password
L'entrenador del Barça dóna instruccions des de la banda a Valladolid

Gerardo 'Tata' Martino / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

「チームはアイディアに欠けていたが、テンションや強度に不足はなかった。プレーを生み出すという点でミスを犯し、その結果、最高の結果を手にすることができなかった」とタタ・マルティノはバジャドリード戦の試合後、説明した。バルサの監督は、更に突き詰めて私達をバルサたるものにしているものが欠けていた。それは内容のいいゲーム、スペースを見つけ出すこと、外側から相手を抜くこと、もっと深みを持つことだ。とはいえ、態度に不足はなかった

マルティノは、ボールを支配したにもかかわらず、試合が進むにつれ、その支配が無力であることを感じるようになったと明かし、「私達が走らなければならないことは滅諦にない。殆ど、私達は10人のディフェンダーを相手に戦わなければならなかった。走ることは一つの解決方法だ」とマルティノは話した。

最後まで戦う

土曜日の負けにもかかわらず、タタ・マルティノはチームはリーグ優勝の可能性を目指して戦い続けるべきだと話し、「私達の義務は最後の瞬間までリーグ優勝に向かって戦うことだ。それが可能性がなくなるまで、私達が行なうことだ」と話し、「ベルナベウには同様に、勝ちにいかなければならない。現在、私達は最高の状態にいないが、レアルマドリードのようなチームと対戦するための解決策を見出さなければならなお。それまで15日間があるのだから」とコメントした。

また、マンチェスターシティとのカンプノウでの対戦については、 「マンチェスターではいい試合をしたが、その後、サン・セバスティアンでは良くなかった。今回はその逆であるように努力する」とコメントした

上に戻る