fcb.portal.reset.password
グラナダ戦を注視するタタ・マルティノ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

試合を注視するタタ・マルティノ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド・‘タタ’○マルティノの、グラナダを4-0で破った後の記者会見は、以下の通り。

ー試合について
「私達がダイレクトに攻めなkれ場いけない時、落ち着かなければならない時など、私達は試合時間をうまくコントロールできた

「このチームは、その気になれば様々なプレーの仕方を知っている」

「バルサはそのプレースタイルの美学においての約束事がある。私はいい状態のバルサを見たし、人々も楽しんだと思う

ーイニエスタとセスクが蹴ったPK
「それぞれ選手自身が誰が蹴るかを決めている。私はそこに関与しない」

アンドレス・イニエスタ
「一番良かった。全てを行ない、その全てがとてもよかった

-セルジ・ロベルト
「彼に関する私のサッカー缶は、彼がプレーしている時間そのものだ。今日は試合のリズムに非常によく適応した」"

ネイマールJr.
「ネイマールは偽‘9番’として、非常にうまくプレーできる。これは一つの良い選択肢だ」

ーピント
「プレーしなければならない時、常に良く応えてきた。今日も危険なプレーが二度あったが、完璧に解決した

-グラナダについて
「グラナダはボールを手にしてプレーしたいチームだ。そういったチームを相手に戦うのは、もし、うまくプレスをかけられないと問題を抱えることになる」

ー数多くの負傷者

「うまくプレーできず、勝てない理由にはならなかった」

上に戻る