fcb.portal.reset.password

Tata Martino durant el partit entre Sevilla i Barça / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

サンチェス・ピチュアンで先制後、逆転し、首位を取り返したバルサは、豪雨の中、チャンピオンの意地を見せた。その試合について、ヘラルド・タタ・マルティノが試合後、記者会見で語った。

試合は 2-2 でもおかしくなかったが、最後の部分で私達は試合のコントロールを握ることができた。

カウンターアタックからのゴール

セビージャでバルサが決めた4点中3ゴールは、カウンターからのゴールだった。それについて、マルティノは、「ダイレクトサッカーをするときとポゼッションでプレーする時を選び分けなければならない」と説明し、セビージャの先制点にバルサがリアクションを起こしたことを重要視し、「最初の20分、私達はいいプレーができなかったが、チームはドローになってから向上した」とコメントした。

レオ・メッシ  は、2ゴールを決めて、再び、ゴール前で決定的な役割を果たした。aマルティノは、バルサの‘10番’の活躍について、 「世界一の選手がプライドを刺激された時、その次に当たる対戦相手は苦しむことになる。今回はそのケースだ」と表現し、チームにとっては「どんなバージョンのメッシでも」必要だと付け加えた。

首位に戻ることで落ち着きを取り戻せたが、ここからは、誰がミスをするかのゲームが始まる。

首位奪回

サンチェス・ピスチュアンでの勝利で、バルサは順位表の一位を取り戻したが、勝ち点でアトレティコ・デ・マドリード、レアルマドリードで並んでおり、ゴールアベレージの差で、トップに立っている。「我々は首位を取り戻せたが、ここから、誰がミスをするかのゲームが始まる」とマルティノは記者会見場で断言した。


上に戻る