fcb.portal.reset.password

Tata Martino, a la roda de premsa d'aquest divendres. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

[[DES_1]]今週の土曜日、アルメリアを訪れるバルサは、史上最高開幕記録、7戦連勝の記録を達成する可能性を手にしている。試合前記者会見デ、ヘラルド・マルティネス監督は、その目標よりも、もっと先を見ると話した。「もし、7戦7勝を手にしても、リーグ優勝できなければ多くの意味はない。私にとって、最も大事なのは、来年の5月に起きることだ」とコメントした。

同時に、まだ勝利を知らないアルメリアの危険性についても示唆した。「試合の最後で多くの勝ち点を失っているが、4人のアタッカーを始めとして、相手のバランスを崩す多くの選手を手にしている」と話し、「全てのライバルが要求度の高い試合を求めてくる。もちろん、私達が自分達らしいサッカーをできればできるほど、勝利の確率は高くなる」と続けた。

試合のヒントは出さず

いつもどおり、マルティノはアンダルシアでプレーするイレブンについては、ヒントと出さなかった。但し、ネイマールについて聞かれると、「代表とクラブを合わせると、バルデスの次に多くプレーしている。28日間で8試合だ。ネイマールを守ってケアしなければならない必要性はわかる。最も必要な状況になった時に、誰も疲れ切っていて欲しくはない」と話し、「私達は、アルメリア戦に集中している。その後、すぐにセルティック戦が帰ってくる。火曜日の試合は目前だ」と認めた。
ネイマールを守ってケアしなければならない必要性はわかる。最も必要な状況になった時に、誰にも疲れ切っていて欲しくはない。

マスチェラーノが負傷し、出場する可能性の高いマルク・バルトラについては、「彼の性格、やる気、勢い、バルサで成功したいという強い気持ちを特に認めている。時間と共に、落ち着いて手にいれるこだろう。ここから数年以内に、彼のベストバージョンが見られることだろう」と話した。

プジョル、急がせず

他方、監督は木曜日の練習でミニゲームを行なった後のカルラス・プジョルについてもコメントした。「ユースの選手達を相手に50分間プレーして、7か月、ピッチから離れていたことを思えば、非常によかった」と話しつつも、「最も大変なパートは乗り越えたが、私達は旧を要しているわけではない。現時点では尚更だ。次にリーグが止まった(10月12日、13日)後に、チームの全員のコンディションが戻っていればいいと思っている」と説明した。

最初はアルメリア

アルメリア―バルサ戦の後、マドリードーアトレティコのダービー戦が行われる。マルティノは「ダービー戦は見て楽しい試合だろう。今節の注目ゲームだ。だが、バルサが心配しなければならないのは、試合に勝つことだ」とコメントした。

上に戻る