fcb.portal.reset.password
記者会見でのタタ・マルティノ

記者会見でのタタ・マルティノFOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

国王杯の16強前の記者会見で、ヘラルド・タタ・マルティノは、この次戦、ヘタフェ戦が、最も重要であることを強調し、「私達はこの試合に集中している。国王杯にミスは許されないのだから」と断言。「私達は国王杯に参戦し続けたいと思っている。そのためには勝たなければならない。アトレティコ・デ・マドリードについて考えるには、まだ、木曜日と金曜日がある」と話した。

  マルティノは最近、リーグ戦でヘタフェと対戦し、前半最初に2-0と先制されたことを思い起こし、「私達には最も最近の試合の前例がある。最初の数分に起きたことは・・・。私達はその後の70分間のようにプレーしなければならない」

1人増えるも3人減

言うまでもなく、今回の試合の大きな主役の一人は、メッシになるだろう。58日ぶりに召集リストに戻ってきたのだ。バルサの監督は「レオと話した。彼は状態がいいといっているし、もう、練習の数もこなした。後、足りないのは、試合に出ることだけだ」と話し、「どんな負傷でも、最初はフィジカル的にそれを越え、それからメンタル面で越えなければならない」と付け加えた。.レオと話した。彼は状態がいいといっているし、もう、練習の数もこなした。後、足りないのは、試合に出ることだけだ。
その一方で、マルク・バルトラ、チャビ・エルナンデス、ダニ・アウベスの欠場について、バルトラは「違和感があったが、検査では何も見つからなかった。だが、リスクを冒す時ではない。私の直感が用心した方がいいといった」、チャビについては「チャビも似たような感じだ。昨シーズンからヒラメ筋の違和感を引きずっている」と付け加え、アウベスについては「彼とは話していないが、戻ってきた時、風邪から回復している最中だった。もう少し、練習を重ねる必要がある」と説明した。

ヘタフェでスタメンが決まっているのは、GKホセ・マヌエル・ピントであることも、会見で明言した。

上に戻る