fcb.portal.reset.password

Tata Martino ha repassat l'actualitat blaugrana abans del partit contra el Celta / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]] クラシコ前に、 ヘラルド 'タタ' マルティノ は、記者会見でマドリードを前に勝利を挙げることは、両者のリーグ戦上での勝ち点よりも、精神面の影響が大きいと話していた。試合後、今回、セルタ・デ・ビゴとの対戦前の記者会見で、それを改めて、認めた。「クラシコに勝つことは、常に精神面で大きい力を与えてくれる。ロッカールームの雰囲気はこれ以上、良くするのは無理というほどだ」 と話し、今回のクラシコについて、「非常に激しくタフに戦った試合だった。私達が優位に立ったこともあったが、逆に私達を超えられた瞬間もあった」と話し、これでリーグ戦で勝ち点差が6点になったところで、「マドリードは 勝ち点が計算上で示すまで、永遠にライバルで居続けるだろう。だが、アトレティコ・デ・マドリードはより、リーグ戦を決めることになるチームになる気がする。彼らは完璧な試合をし続けている」と話した。マドリードは 勝ち点が計算上で示すまで、永遠にライバルで居続けるだろう。

セルタ・デ・ビゴ は、マラガでのスタジアムで0-5で大勝して、バルサとの対戦を迎える。 「常に最後に行なった試合を例としてとるのは大事なことだ。特にいい試合を行ない、はっきりとした結果を出した時は、とりわけそうだ」とセルタを警戒し、彼らがプレースタイルを変えないだろうと話し、「私達はチャンスを得るためには、カウンターアタックをしなければならない」とコメントした。

タタ・マルティノは、ルイス・エンリケについては、エインセのおかげで、知っていると話した。エインセはローマでルイス・エンリケの指揮下にいたためだ。また、将来的にルイス・エンリケは「バルサを率いる可能性があるだろう」ともコメントした

ビゴでのチェンジを指摘

バルサの次戦、セルタ・デ・ビゴとの対戦におけるスタメンがマドリード戦と異なったことになることも明かした。「どれくらいかは言わないが、スタメンにチェンジがあることは確かだ」とマルティーノは話した。ピケは、監督判断で、招集リストから外れたが、それについて「少しずつ、選手は自分達がどう練習すべきなのか、また、どのように私達がローテーションをするのかをわかってきている。なんらかの交代は必要だと思っている。シーズンは長いのだから」少しずつ、選手は自分達がどう練習すべきなのか、また、どのように私達がローテーションをするのかをわかってきている。

ピケ以外に記者会見では、クエンカやセルジ・ロベルトの名前もあがった。  「イサック・クエンカのコンディションが整ったら、彼も数にいれよう。彼はすごく努力しているが、もっと良くなる必要がある」と説明し、セルジ・ロベルトに関しては、「素晴らしい選手だ」といいながら、スタメンに据えないのは、相反しているかもしれないと話しながらも、バルサには彼のポジションにクオリティの高い、多くの選手、セルヒオやチャビ、イニエスタやセスクなどがいることを今一度、確認した。

また、メッシについては. 「外からの方が、中にいるよりも心配しているように思う。レオがゴールを決めようが決めまいが、私は気にしない。 彼がしていることは、チームにとってとても大事なことだからだ。マドリードとの試合では、ボールを取り返し、チームのために行なったその仕事内容は素晴らしかった」とコメントし 、「私達は全く問題があるように感じなかったし、彼がピッチにいることは我々全てにとって、非常に勇気づけられることだ」と付け加えた。また、「必要に応じて、メッシを異なったポジションで起用するのは、いいことだと思っている。ポジションチェンジを行なうのは、チームにとっていいことだ」と話した。

バルサの監督として100 日目

11月3日の日曜日に、タタ・マルティノはFCバルセロナの監督として100日目を迎える。マルティノは、自身のここまでの状態について、考える時間すらなかった、クラブでのリズムはとても要求度が高いものだからだと話した。「これだけ、ずっとプレーし続けていると、一息ついて、私達が幸せなのかどうかを考えることすら難しい。サッカークラブの監督にとって、人生は飛ぶように過ぎていくし、バルサの監督であればなおさらだ」と明かし、「いい内容のプレーをして勝つ」ことのみに集中していると話した。とはいえ、監督はそういった全てを含めて「完全にチームにも町にも溶け込んでいる」と感じていると表現した。

ニル・マリンへお悔やみ

記者会見が始まる前、タタ・マルティノは今週末、交通事故で亡くなったジローナのユースのGKニル・マリンにお悔やみを伝え、遺族へ励ましのメッセージを送った。

上に戻る