fcb.portal.reset.password
ビルバオ戦の最中のマルティノ

ビルバオ戦の最中のマルティノFOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

新サン・マメスで再び、1-0で負けを喫した後、ヘラルド・マルティノは、記者会見場に現れた。マルティノは試合について、チームは 「バルサの方が70分まで優勢だった」と明言し、最もダメージを受けたのは、「アスレティックのゴールだった。その時、我々は試合をコントロールしており、深く攻撃できていたからだ」と分析した。

マルティノは、「チームは、試合に負けることに慣れておらず、それも二試合続けてはもっと慣れていない。我々はアムステルダムでの問題を解決するつもりだった」と話し、「もしも、先制点を決めていたら、試合は変わっていただろう。我々はゴールを決める多くのチャンスを手にしていた」と付け加えた。

最後に、マルティノは、チームは「どうプレーするかわかっているし、何をしなければならないのかもわかっている」と話し、「良いバルサ」を見れたと思うとコメントしたうえで、「チームは良いボール扱いでプレーしていた。我々はアスレティック・クラブがプレスをかけてくるだろうということを承知していた」とまとめた。

上に戻る