fcb.portal.reset.password

Tata Martino ha valorat l'empat a un al Vicente Calderón / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

スペインスーパー杯は、1-1のドローで始まった。最初の90分間の結果、あらゆる試合の可能性を残した。タタ・マルティノは、1-1のドローを「実際に見た通りの公正な結果」だと 表現し、「試合は、局面によって異なっていた。彼らは前半を支配していたし、後半は我々が支配していた」 と話した。

異なった提案

試合後記者会見で、マルティノ監督は、ディエゴ・パブロ・シメオネのチームの提案は異なっていたと説明した。「彼らは、カウンターアタックからゴールを決めようと狙っていて、その通りになった。我々は、クリエーションプレーからのゴールを探し、その通りになった」とし、最初の45分間、アトレティコが支配していたことについて、「スペースを見つけ、ライン間にボールを割り込ませる方法を見つけ出すのに、時間がかかった」と説明した。

試合の最初、 バルサは、ピケとマスチェラーノのロングパスを使って、スペースのないところにクリエーションプレーを生み出そうとした。 「時には、ロングパスで、1対1の状況を生み出せることもある」と説明し、また、チームのフィジカル状態について「私達は後半の方がよかった。それはフィジカルのおかげだと考えられる」と付け加えた。

独自のスタイル

試合の第二戦に向けて、「バルサは他のプレースタイルを知らない。私達はシチュエーションによって、われわれの提案を変えながらも、独自のスタイルを主張していかなければならない」と話した。

また、挫傷によって起きた左太ももの違和感から、レオ・メッシ をハーフタイムにセスクと交代させたことについて、「試合が決勝かどうかとは別に、負傷や違和感があって、選手が自然な状態でピッチでプレーできない時に、ピッチ上にキープしておく理由は何もない」と説明した。

上に戻る