fcb.portal.reset.password

国王杯前日記者会見のタタ・マルティノ/ FOTO: GERMÁN PARGA - FCB

ヘラルド・ 'タタ'・マルティノは、期待感にあふれて、国王杯決勝を迎える。バルサの監督は、メスタージャで行われる水曜日の試合の重要性について話し、「国王杯のタイトルを手にできる決勝なんだ」と話し、他の大会で起きたことは、「今回の件は無関係」だと断言した。

タタは、全力を尽くして選手がピッチに立つことを微塵も疑っていない。「決勝は勝つためにプレーするものだ」と明言し、その思いを胸にバレンシアに選手全員を連れて遠征する。「決勝を戦うのは、日常的にあるわけではないし、誰もがそれをプレーするのに慣れているわけではない。だが、私達はそういった重要性を忘れてはならない。だからこそ、彼らを脇に置いていくわけにはいかない」と説明し、「どんな決勝でも同じように、全員が勝ちたいと思っている」と付け加えた。

コンディションが整っていない選手は、プレーすることはない。

プジョル、バルトラ、ピケがいまだに医師からプレーできるとの了承を得ていないが、バレンシアに遠征する。そのディフェンスの疑問についてマルティノは、 cuanto a las「いい感触を得た」ことを伝え、今回の試合に参戦できる可能性を否定しなかった。「プジョル、ピケ、バルトラを数に入れられる可能性はあるが、水曜日の練習を待たなければならない」と話したが、同時に「コンディションが整っていない選手は、プレーすることはない」ことも断言した。このクラシコはタイトルがかかっているから、今までのとは異なる。

また、今回のクラシコは過去のものとは違い、「このクラシコはタイトルがかかっているから、今までのとは異なる」と説明した。「チャンスを手にするためには、私達の最高のバージョンを見せなければならないだろう」と試合に向けて語った。

上に戻る