fcb.portal.reset.password

Tata Martino, feliç després de guanyar el primer títol com a tècnic del Barça / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド 'タタ' マルティノは、FCバルセロナの監督として最初のタイトルを制覇した。だが、このアトレティコ・デ・マドリードを相手に勝ち取ったタイトルは、 昨シーズンの努力の結晶だと繰り返した。 「これは、昨シーズンのおかげで、迎えることになった決勝だ。私は、ここに不運が起きたためにいるが、私達が今日、チャンピオンになったのは、選手達とティト、そしてコーチスタッフのおかげだ」と話した。

そのため、いったん、試合が終わった後、マルティノは、このタイトルを取るという役割を果たすのは簡単ではなかったことを話し、安堵感を覚えたと説明した。「このスーパー杯を獲得するという重圧から解放された。私は新監督だから、私にとって勝つことと勝たないことには、大きな違いがあった」ため、 「だからこそ、とてもテンション高い試合を過ごすことになった」ことを明かした。主審が試合終了の笛を吹いた後も、全員がピッチでタイトル制覇をい合う中、「あらゆるいいことも悪いことも、全ては選手のものだから、自分が前面に出るのは好きではない。このスーパー杯はとりわけそうだ」と説明し、隅で祝った。

もっとずっと上を

「私達はもっとずっと上を目指しているし、この手の試合でも、よりそれを強調していきたい」とマルティノは話し、「シーズンが開幕したばかりということを思えば、私達は悪くない」と話した。それでも「我々はもっとスピード、プレスを探し、スペースを攻めることを学ぶべきだ」と要求し、「特に試合の最初の20分間の動きをより持続させること」を目標として付け加えた。

また、 「プレスを取り戻すことが目標の一つだったが、ディフェンシブに来た相手を前に思ったようにはできなかった」と分析し、「私達はそのプレースタイルで他とは一線を画す、ここ数年のバルサを取り戻すことを求めている」と明言した。

メッシ-ネイマール タンデム

アトレティコ・デ・マドリード戦で、メッシとネイマールは、初めて両者スタメンとして参戦したが、それについてタタ・マルティノはいい感触を得た。「二人ともいい試合を行なったが、あまり絡むことがなかったのも確かだ。だが、最終的には、お互いを見出すと確信している」とコメントした。


上に戻る