fcb.portal.reset.password

Martino, durant la roda de premsa de presentació / FOTO: VÍCTOR SALGADO-FCB

タタ・マルティーノは、新チームについて「勝つ可能性がたくさんある」と話し、例えば「勝利への飢餓感」 はバルサの選手がここ数年、ずっと証明してきたもので、タイトル制覇の鍵になると話した。

「バルセロナは、勝つのに慣れているし、勝たなければならない。もし、タイトルをとれなかったら、それは失敗だ」と認めた。マルティーノはオスロに飛び、次の親善試合を現地で見る予定だ。また、メッシとネイマールの二人を率いることにも自信を見せ、「もし、二人一緒にプレーできなかったら、それは監督のせいで、決して選手のせいではない」と話し、バルサの‘10番’を個人的には知らないと明かした。

選手術面に関しては、ロサリオ出身の監督は、ボールを失った後、再び、プレスを中心とした攻撃的サッカーを行なうスタイルを主張し、「チームは気持ちよく攻撃できて、ゴールから遠くで守らなければならない」とまとめた。また、セスクのマンチェスターユナイテッド移籍のオプションについても、否定した。

詳細j情報は後から掲載。

 

[[BOTOVERMELL::マルティーノ新監督、契約書にサイン++写真ギャラリーはここから::http://www.fcbarcelona.jp/football/first-team/detail/image_gallery/martino-sighns-contract::HOR::::NO-TRACKING::::::]]


上に戻る