fcb.portal.reset.password

 

タタ・マルティノが率いるバルサは、2013/14年プレシーズンが進むにつれ、成長していくようだ。 今週の水曜日、プレシーズン5回目の試合をタイ代表を相手に行なったFCバルセロナは、前半のみでほぼ試合を制してしまった (1-5)。 バンコクはバルサの選手としてネイマールが初ゴールを決めた舞台になった。更にメッシがダブルゴールを決め、ペドロがハットトリックをマークし、アレクシスがゴールを決めて、タタ・マルティノをベンチにおいて、二試合目を堂々と支配した。

ネイマールがゴールデビュー

メッシとネイマールは、初めて共にスタメンでプレーした。 また両者とも試合でゴールを決め、主役となった。先制点を決めたのはネイマールだった。メッシとセスクがプレーを生みだし、ネイマールがフィニッシュを決めた。その2分後、バルサの‘10番’がPKを沈めて追加点をマークし、キックオフから15分もたたずして、タイ代表は殆ど消されたも同時だった。

1-5でハーフタイム

最初の2ゴールを決めて、波にのったバルサの勢いはそのまま、スコアに現れた。メッシが再び、アシストを決め、19分のペドロの3点目を助けた。25分に再び、メッシがマークし、0-4と試合の点差を広げた。35分にはペドロが再び、メッシの見事なプレーから追加点をマークした。ハーフタイムに入る前に、タイ代表はバグナックの犯したPKを生かして、名誉の1点を返した。

電光石火の後半

ハーフタイムの後、8人もの選手が交代した。 FC バルセロナは後半の途中まで、前半のリズムを崩すことがなかった。一瞬の間に、ペドロがセスクのセンタリングから6点目をマークし、また、アレクシスはイニエスタのアシストを受けて7点目を決めた。

スコアが 1-7 になって、試合のリズムは目に見えて下がった。それでも、まだゴールチャンスはあった。後半の途中から、ピントとドンゴウが入った。だが、すべき仕事は殆ど終わっていた。バルサのプレーヤーは、試合を見に来た4万8千円の人々を魅了したのだった。

上に戻る