fcb.portal.reset.password
セビージャでのメッシとペドロ

セビージャでのメッシとペドロ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

セビージャのような難しいスタジアムでの勝利は、常に価値のあるものだが、それが首位奪回に役立つとあれば、尚更だ。チームは通常に比べて、支配力 が弱く、部分的に相手チームにコントロールを譲ったが、グラウンド上で、効果的な実力を見せつめた。非常に早い時間に対戦相手が決めた先制点も、激しい豪 雨も、アレクシス、メッシ―素晴らしいダブルゴールを決めたー、セスクのゴールを阻むことはできなかった。

とはいえ、前半はバルサにとって安くついた。セビージャは四回もの明白なチャンスを手にし、そのうち、1回しかものにすることができなかった。セビージャ は非常にアグレッシブに広くピッチを使って攻めてきた。また、バルサの高いポゼッションを押さえつけるために、バルサのボールを出すタイミングを妨害して きた。

セビージャは前半15分には、ラキッチの見事なプレーから、アルベルト・モレノが先制点をマークし、試合を有利に進めた。続けて、バッカが二得点目を決め る寸前だったが(20分)、ボールはポストに弾け、カウンターからラキッチが再び、チャンスを得るも、そのゴールはわずかに枠を外れる結果となった(28 分)。

  その間に、バルサもセビージャのエリアを攻め始めた。アレクシスのゴール(33分)で同点に追いつくも、そのゴールポジションは疑問が残るものだった。 メッシが再度から放ったファウルをアレクシスが決めた形となった。試合は両者に開かれており、ディフェンダーが苦しむ試合展開となった。サンチェス・ピ チュアンは激しい豪雨に見舞われ、バルデスがその土砂降りの中、新たなセビージャからの攻撃をクリアし、カウンターからメッシがシュートを放ち、試合のス コアを1-2に変えた。

この豪雨の中、ほぼ、プレーするのは不可能な状態だったが、後半になり、天候はわずかに向上したものの、代わりに強風が吹いていた。そのため、バルサは長 くポゼッションをキープすることができず、モントヤへの明らかなファウルから発したビトロの攻撃にも驚かされた。アレクシスのクロスシュートは枠を外れた (51分)が、その次のプレーで、バルデスは二回に渡る攻撃を仕掛けたきたセビージャのシュートをクリアし、同点になるのを防いだ。水を含んだピッチの上 で、ボールが殆ど滑らないにもかかわらず、試合のピッチは目が回るほどの速さで展開し、心臓破りの試合展開となった。

セビージャが一瞬、緩んだ好きをバルサがついた。イニエスタの芸術的なアシストをメッシが決め、二人が舞台の主役となった(55分)。1-3のスコアはバルサに冷静さをもたらし、試合を落ち着かせた。チャビ、イニエスタ、メッシが状況をコントロールし始めた。

  そこからは、セビージャの2点目より、バルサの4点目の方が近くなった。セビージャは酷く傷ついていた。チームはその傷口を広げるチャンスを失い、ウナ イ・エメリーのチームはそれでもあきらめることをせず、特にラキチッチがセンターから放ったフリーキックはホームを飛び上がらせたが、ゴールを破るところ まではいかなかった。それどころか、最中的には途中出場したセスクが4点目を決め、点差が開いて試合は終わることになった。

上に戻る