fcb.portal.reset.password

Adriano, Sergio Busquets i Xavi, un cop finalitzat el partit contra el Celtic / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

• FC バルセロナは、この試合で、今季、11試合中7試合を無失点に抑えた。バルデスのメリットであり、セルティックパークでも、見事なセーブで精彩を放った。


• バルサは、欧州大会においてアウェー戦では、2012年11月20日以来、勝っていなかった。最後はスパルタック・モスクワを0-3で破った時であり、それ以来、ミラン(2-0)で負け、パリでドロー(1-1)を喫し、ミュンヘン(4-0)で負けた。


• バルサのセルティック・パークでのポゼッションはスキャンダルといっていいほどで、平均が82%、試合の最後は 79%を手にしていた。


 • ピケとバルトラはそれぞれ、14回、11回、ボールを奪い返しており、最も対戦相手からボールを取り返した選手だった。


• ソングとテジョは、スコットランドで、今季、チャンピオンズリーグに初参戦した。


• セルティックパークの試合は、ブスケッツのチャンピオンズリーグ50試合目に当たった。バルサの‘16’番は、2010年10月22日のバシレアーバルサ戦(0-5)でデビューを果たしている。また、そのデビューした日に、初めてバルサで得点を決めている。


 • セスク、ブスケッツ、アレクシスは、スコットランドでチャンピオンズ最初のイエローカードを受けた。アヤックス戦では誰一人、カードを貰わなかった。


• バルデスとピケは、今季、唯一のスタメンを続けている。また、全試合でフル出場(990分)を果たしているのは、バルデスのみだ。


• セルティックパークでのゴールでセスクは、チャンピオンズリーグで3ゴール目ーバルサの選手としてーをマークした。以前にビクトルア・ピルセン、ベンフィカを相手にも得点している。


• バルサがチャンピオンズリーグで決めた5得点のうち4得点は後半に決まっている。更にそのうち、3ゴールが60分から75分の間に決められており、この時間帯では欧州一の成績を誇っている。


• バルサは今季、既に30ゴールをマークしている。11試合をこなし、その平均は1試合 2,72ゴールだ。


• アウベスは、バルサ史の外国人選手として最多出場試合ランキング3位のクーマンを超えた。現在、公式戦265試合に出場しており、アウベスを超えているのは、メッシ (388)とコクー(292)だ。

イニエスタに拍手

アンドレス・イニエスタは、89分にソングと代わって交代したが、その瞬間、セルティック・パークのスタンドは立ち上がり、イニエスタに大きな拍手を送った。リーグ戦ではおなじみの光景だが、バルサが欧州でプレーする時に見るのは、そこまで頻繁ではない。

上に戻る