fcb.portal.reset.password
練習場の記者会見場に座るセルヒオ・ブスケッツ

水曜日にセルティック戦前の記者会見に応じるセルヒオ・ブスケッツ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

セルヒオ・ブスケッツ は、セルティックを信用していない。チャンピオンズリーグで次に行くオプションがもう、戻ってこないにしても、「いい試合を見せつけたいと思っている」だろうと考えている。昨シーズンのバルサーセルティック戦では、ジョルディ・アルバがロスタイムにゴールを決めたおかげで、ようやく、勝ち点3をあげることができた。 「「僕らは昨年の教訓から学んでいる。早くゴールを決められれば、その方がいい。彼らはすぐにディフェンシブに来るから、そうなると僕らにとっては、とてもやりにくいからだ」

バルサは、首位通過するために、ドローが必要になるが、セルヒオの考えは「大事なのはいいプレーをしながら、勝つことだ」と明確だ。 手持ちの選手を考えれば、プレースタイルに交渉の余地はない。

FC バルセロナのプレースタイルについても、言及したセルヒオは、「手持ちの選手を考えれば、プレースタイルに交渉の余地はない」としながらも、以前のバルセロナと比較した場合、「多くの要因があって、それは難しいというか不可能に近い」と認めた。

チームに対する批評については、セルヒオは「プレースタイルやチームメート、監督について疑問を持ったことはない」と明言し、「自分達が続けていかなければならない方向性はわかっている」と付け加えた。また、「このチームについて判断を下すのは、まだ早すぎる。数か月後に全大会で生き残っていることを望んでいる」と話した。このチームについて判断を下すのは、まだ早すぎる。数か月後に全大会で生き残っていることを望んでいる。

また、毎年の個人賞について、質問されたセルヒオは、「チームメートは、それぞれをもっとずっと高く評価してくれる。彼らはサッカーのことがよくわかっているからだ。僕はここでやっていることに対して、受けている評価に満足しているし、それが僕の興味のあるところだ」と話し、契約の内容を向上させるつもりはまだないことも明かし、「僕はちょっと前に契約更新したばかりだし、とてもいい状態でいる。それに僕は自分がいたい場所にいるのだから」とコメントした。

上に戻る