fcb.portal.reset.password
Sergio Busquets celebra el primer gol del Barça.

Sergio Busquets celebra el primer gol del Barça. / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

国王杯準決勝第一レグのレアルソシエダとの対戦を2-0で制した後の選手のコメントは、以下の通り。

セルヒオ・ブスケッツ

「2-0 はいい結果だ。失点ゼロだったから」

「でも、アノエタは難しいスタジアムだ」

「僕らはまだ進出を決めていくわけではない。僕らは同じような結果を第二戦でも繰り返し、そうして決勝にたどりつくんだ

チャビ・エルナンデス

「イニゴが何を言ったかはわからない。主審がなんて書いたのかを見ないと。一人、選手がいなくなったから、チームは守備的になった」

「僕らは多くのチャンスを得たが、たった2点しか決められなかった。だが、僕らのレベルはグローバル的には素晴らしい結果といえる」

ダニ・アウベス

「重要な市勝利を手にした。第一戦で大事なのは失点しないことだ。サン・セバスティアンには、決勝を探しに行く」

「ピントのために嬉しい。彼は素晴らしいプロだ。僕らはだからこそ、みんな彼が大好きだ。常にうまく応えられるように準備できている」

「勝つことは大事だし、僕らはそれで生きている。結果がよくない時、疑問が湧くのは当然だ。唯一、僕らが疑問をもつべきじゃないのは、僕らのチームに対してだ。悲観する必要はない」

「いつでもセビージャに戻るのは嬉しいことだ。長い間、僕のホームだったところだから、深い敬意を抱いている」

ジョルディ・アルバ

2-0はいい結果だが、ホームで相手が一人足りなかったのだから、もう1点決められていれば、第二戦がもっと楽になっていただろう」

「チームはすべてを出し尽くした。僕らは第二戦も勝たなければならない。いい試合をしたと思う」

「クラブはカードに控訴した。どんな結果が出るにせよ、その結果に従うべきだ」

セスク・ファブレガス

「最後が決まらないことが多い。ボールがゴールに入ってくれない。ここ数年、それはバルサの傾向になっている。もし、チャンスメイクしている半分を決めていたら、結果はもっといいものになるだろう」

「いい結果だが、それ以上の何物でもない。アノエタでプレーすることの意味を僕らはわかっているし、決勝に行くためにはその試合をこなさねkればならない」

「スタジアムに来る努力をしてくれた人々に感謝したい。スタンドは常に試合に参加しているが、時間帯的に(集客は)難しい」

「今季は、今までで一番、安定しているシーズンだ。僕はすべてがうまくいっていることに満足しているし、自分が重要だと感じている」


上に戻る