fcb.portal.reset.password
バルサTV 'エル・マルカドール'に出演したセルジ・ロベルト

バルサTV 'エル・マルカドール'に出演したセルジ・ロベルト / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

バルサのミッドフィルダー、セルジ・ロベルトは、レバンテとの対戦が終わり、バルサが国王杯準決勝進出を決めた後、バルサTV 'エル・マルカドール'に出演した。この試合で16試合連続出場を果たしたセルジ・ロベルトは、「召集リストに入ってプレーするまでは苦労したけれど、今はとても満足しているし、タタに感謝している」と感謝のことばを述べた。召集リストに入ってプレーするまでは苦労したけれど、今はとても満足しているし、タタに感謝している。来月7日に22歳を迎える選手は、「多くの自信」をつけて現在を迎えているといい、「トップチームに所属することで既に満足していたが、僕のポジションには世界一の選手がいるのだから、プレーするのが難しいのもわかっていた。でも、毎日の練習と努力をすることで、すべてに見返りが与えられると知った」と説明した。どこでプレーしようと構わない。大事なのはプレーすること、僕が知っていることを最大限に発揮することだ。Yまた、マルティノがセルジにのびのびとプレーするように勧めたことを明かし、「そうしようと努力している」と話した。また、レバンテの試合では、マルティノが偽9番のポジションでプレーしたことについての質問には、「どこでプレーしようと構わない。大事なのはプレーすることと僕が知っていることを最大限に発揮することだ」と答えた。

上に戻る