fcb.portal.reset.password
2011年12月18日に二度目のクラブワールドカップを制覇したFCバルセロナ

2011年12月18日に二度目のクラブワールドカップを制覇したFCバルセロナ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

12月18日は、FCバルセロナがその歴史を通して二度目のクラブワールドカップを制覇して2周年を迎える人なる。ジョセップ・グアルディオラが率いていたバルサは、2011年の年末、横浜で行われた決勝で、サントスを0-4で制した。その際に得点したのは、メッシ(2)、チャビ、セスクであり、その日、ネイマールJrは、彼の将来のクラブチームとなるバルサと最初で最後の対戦を行なったのだった。

決勝の三日前に行なわれた準決勝では、バルサはカタールのアル・サードを0-4で制していた。

その2年前にアブ・ダビで

史上最高のバルサは、しかしながら、その2年前に発進していた。2009年、チームは最初のクラブワールドカップを含め、年間6タイトルを制覇する活躍を見せた。その年、同等の実力を見せたエストゥディアンテス・ラ・プラタを制して(2-1)、バルサは、アブ・ダビで優勝カップを持ち上げた。その時、120分に及ぶファイナルで、チームに勝利を与えるゴールを決めたのは、ペドロとメッシだった。

 

上に戻る