fcb.portal.reset.password

El president Sandro Rosell, a la roda de premsa. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

今週の金曜日の夜、サンドロ・ロセイ会長は、ティト・ビラノバが新治療と共に行なうことができないため、トップチームのベンチを退くことになると 発表し、また、土曜にポーランドで予定されていた親善試合は行われないこと、新監督の名前は来週頭に発表される可能性があることを伝えた。

ロセイ会長の締めのことばは以下の通り : 「人生は続く。当然ながら、これはバルサにとって、とても大きな打撃だ。余りにもハードだ。だが、バルサは多くの打撃を受けて苦しんできた。非常に多くの打撃を、いつも乗り越えてきた。今日の出来事も例外ではないだろう」 さらに(記者会見場に集まったジャーナリストに向かって)「できる限りのご理解をお願いします。まず、人を第一に、クラブは二の次に考えてください」とことばを継いだ。

サンドロ・ロセイとアンドニ・スビサレタによる記者会見映像は、下記から。

上に戻る