fcb.portal.reset.password

Martino ha donat descans a Piqué per al partit a Pamplona / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ダニ・アウベス、ジェラルド・ピケ、アレクシス・サンチェスの三人は、代表戦で殆どプレーし続けていた。その3人がヘラルド・マルティノによる監督判断で、招集リストから外れた。試合は今週末の土曜日に行われるパンプローナでのオサスナ戦だ(20 時, Canal +). 二人のディフェンダーが抜け、チリ人アタッカーも不在の状態で、マルティノ監督委は18人の招集リストを作り出し、その中には、ハビエル・マスチェラーノ、カルラス・プジョル、レオ・メッシの3人が全快診断を受けて、ナバラの遠征に付き添うことになったのが、目をひいた。

決定的な段階での復帰

結果的に、タタ・マルティノは、3人の基盤となる選手をこの決定的な段階で取り返したレオ・メッシ は、9月末にアルメリアで負傷し、セルティック戦、バジャドリード戦で欠場した。

最もチームが力を取り戻したのは、ディフェンス面だ。ハビエル・マスチェラーノは、レアル・ソシエダ戦の日から欠場していたが、3週間ぶりにピッチに戻ってくる。カルラス・プジョル に至っては、最後の試合を行なってから、220日ぶりに帰ってくる。今季、新監督がキャプテンを手持ちの選手として起用するのは、初めてのことだ。

また、FCバルセロナにとって、決定的な試合が数多く近づいてきている。リーグ戦では、オサスナ、マドリード、セルタ、エスパニョール戦と続き、その一方で、チャンピオンズリーグが火曜日にACミランのピッチで行われる。

ピケは特別トレーニング

金曜日に行なわれたチームの最後の練習では、ジェラルド・ピケは、ジムでもピッチでも、特別なトレーニングを行なった。 また イサック・クエンカは、定期的に行なっているフィジカルコントロールにあたったため、チーム練習には加わらなかった。選手によっては、このフィジカル練習を先週、行っていた。

招集リスト

バルデス、ピント、モントヤ、ファブレガス、プジョル、チャビ、ペドロ、イニエスタ、メッシ、ネイマール  Jr、ドス・サントス、マスチェラーノ、バルトラ、セルヒオ、ソング、テジョ、アドリアーノ、セルジ・ロベルト

上に戻る