fcb.portal.reset.password
ネイマールの2ゴール目を共に祝うジョルディ・アルバ

ネイマールの2ゴール目を共に祝うジョルディ・アルバ/ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FC バルセロナは、週末、リーグ戦で再び、連続首位を手にしたが、ビジャレアル(2-1)を相手に土曜日、試合を制し、バルサは新たな記録を作った。アトレティコ・デ・マドリードも勝利をあげ、タタ・マルティノのバルサと勝ち点(43)で肩を並べているが、得失点差で1点、バルサが上だ。

バルサは新たな記録を達成した。54 週連続で、1部の首位をキープし、レアルマドリードが 1986/87年 (最後の15節) から 1987/88年 (38 節)に達成した記録を抜くことになった。

バルサは、昨シーズンの初節にレアル・ソシエダを相手に5-1と大勝をおさめ、そこから首位を譲っていない。今季もチームは、レバンテ戦を前に7-0と堂々と勝利をあげ、スタートを切り、そこからポジションを下げていない。トータルで54 (38+16) 節連続で、首位の座についている。

バルサの選手は、次の日曜日、12月22日17時にヘタフェのスタジアムでこの記録を伸ばせる可能性がある。クリスマス休暇の後は、エルチェと対戦し、アトレティコ・デ・マドリードとの対戦で、リーグ戦の前半を終える。この試合が冬のチャンピオンを決めることになる。

上に戻る