fcb.portal.reset.password

セルタ、エバートンでのラフィーニャとデウロフェウ

ジェラルド・デウロフェウやラフィーニャ・アルカンタラといった若い選手達がFCバルセロナに戻ってくる。それぞれ、エベルトン、セルタ・デ・ビゴにレンタル移籍していたが、来季からルイス・エンリケの指揮下、トップチームに入ることになる。

二人ともマシアで育っており、今季はレンタル先のチームでそれぞれの目標を達成していた。

1シーズンのレンタル

ジェラルド・デウロフェウは、レンタル先のエバートンで29試合に参戦し、スタメン出場11回を果たし、4ゴールをマークした。エバートンはプレミアムリーグで5位に終わり、ロベルト・マルティネスが率いたチームで彼は主役として成長を見せた。20歳の選手は、昨冬に右足のハムストリングを負傷し、バルセロナでリハビリを行なっていた。

 一方、ラフィーニャは、トップチームのセルタ・デ・ビゴで、ルイス・エンリケの指揮下、19歳の選手は32試合に参戦し、27試合でスタメン出場を果たした。2435分間、プレーした中で4ゴールをマークし、在籍していたクラブは9位に終わった。

上に戻る