fcb.portal.reset.password
La nova samarreta de Bravo, penjada al vestidor del Barça

クラウディオ・ブラボの新しいユニフォーム、カンプノウのロッカールームに/ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

2014年W杯でブスケッツ対ブラボ / Photo Fifa.com

クラウディオ・アンドレス・ブラボ・ムニョス (サンティアゴ・デ・チリのビルコ出身、1983年生) は、リーグ戦でも国際舞台でもその活躍で知られているGKだ。レアル・ソシエダ及びチリ代表の指針となってきた。コローコロの下部カテゴリーでプロとしてスタートし、2002年ー19才でーにトップデビューを果たし、 2006年にレアル・ソシエダに移籍するまで在籍していた。

身長1,85センチのクラウディオ・ブラボは、非常にテクニックに優れ、ゴール下で堅固なGKだ。冷静に行動し、落ち着きをディフェンスラインにもたらす。また、その堅牢さに加え、足元のボールさばきの正確さでも知られている。 

レアル・ソシエダに足跡を残す

近年8シーズンをアノエタで過ごしたブラボは、2007年のクラブの降格、その翌年はスタメンを失うなど、 難しい時間も過ごしている。逆に 2012/13年のチャンピオンズリーグへの参戦、2部でのサモラ賞(失点数の最も少ないGKに与えられる賞)受賞など、甘い時間も合わせて過ごしている。

サン・セバスティアンに期待されて移籍してきたブラボは、レアル・ソシエダの歴史に残る最高のGKの一人となった。出場数は外国人選手として2番目であり、クラブの公式戦に最も多く参加したGKとしては3番目だ。

母国では、名誉あるGKロベルト‘コンドル’ロハスに基づき、‘コンドル・チコ’(若手のコンドルの意)と呼ばれている。クラウディオ・ブラボは、2008年からマルセロ・サラスからキャプテンマークを受け取り、チリ代表のキャプテンを努めている。現在は、ブラジルで二度目のW杯に参戦している最中だ。

上に戻る