fcb.portal.reset.password

Carles Puyol ha tornat a jugar amb el Barça set mesos més tard / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

7か月ぶりに負傷から復帰したカルラス・プジョルが試合の主役の一人となった。プジョルは、今季、初めて招集され、また、スタメンでプレーしたが、ピッチでの感触は良かったことを明かした。 「つらく難しい数か月だったが、もう、数日間、チームと一緒に練習している。ピッチで得た感触は良かったので、それについては満足しているが、最後の結果については満足していない」

また、パンプローナで最終的にドローを得たことについて、「難しいピッチになるだろうとはわかっていたが、最後の数メートルで僕らはうまく決められなかった。ラストパスに欠けていた」と分析した。レアルマドリードとの勝ち点差は3点だが、キャプテンは「今は休息をとって、回復し、ミラン戦を考える」ことが大事だと話した。

また、マルク・バルトラと共にスタメンを張ったが、プジョルはチームメートについて「マルクのことはよく知っているし、彼はバルサでプレーするにふさわしい選手。日が経つにつれて、良くなっている」と評した。

・ヘラルド・マルティノ

9節目にして、初めて勝ち点3を逃し、史上最高の開幕記録を達成できなかったものの、クラブ史最高の記録を作ったタタ・マルティノは、試合後に記者会見で出したコメントは、下記の通り。

「これだけのチャンスを手にした私達は、勝っていなければならなかったとは思うが、チームの頑張りには満足している」
「ゴールの運がなかった」

「前半、私達に不足していたのはラストパスだった。ほんの数センチが届かなかった。一番、はっきりしたチャンスはモントヤのサイドから生まれた。彼はスペースをつくり。よく攻め上がったが、最後のパスの正確さに欠けた」

「少なくとも、4回のはっきりとしたチャンスがあった」

「もし、チームに頑張りがみられなく、効率性もなければ心配するだろうが、私達がドローに終わったのはそうなるべくしてなっただけだ。前よりもプレー内容が悪くなったからだとは思わない」

「メッシには、20分から25分間くらい、プレーしてもらおうと最初から考えていた」

[[BOTOVERMELL::タタ・マルティノの記者会見は++こちらから::http://youtu.be/nD-yQI0S468::HOR::::NO-TRACKING::::::]]

上に戻る