fcb.portal.reset.password

Xavi i Puyol, els clàssics del Clàssic

カルラス・プジョルとチャビ・エルナンデスは、クラシコ中のクラシコだ。このミゲリと共に伝統と化している二人の選手は、リーグ戦のバルサーマドリード戦において、FCバルセロナ史の他の選手の追随を許さない度合いで参戦している。彼らに続くのは、セサル (24)、レシャック, リフェ, セガラ (21), アセンシ (19) 、 スビサレタ (18)だ。

勝利数は10

  リーグ戦で宿敵を相手に25回、戦っているチャビとプジョルの対戦成績内訳は、10勝7分け8敗だ。ゴールも両方が決めたことがある。ディフェンダーは1度ゴールをマークしており、チャビに至っては4回も得点している。

チャビの圧倒的な記録

もしも、リーグ戦を別にすれば、チャビはクラシコでプレーしたバルサの選手として、その総数は37回にのぼり、プジョルの32回、ミゲリの30回、セサルの28回の記録から、大きくかけ離れることになる。

その37回のクラシコ参戦記録に関していえば、同様の回数をプレーしている選手として、レアルマドリードのラウルとイエロがあげられる。それを超えているのは、 サンチェス(43) とヘント (42) のみだ。もしも、今週末、プレーすれば、チャビはその差を更に縮めていくことになる。

上に戻る