fcb.portal.reset.password

Josep Maria Bartomeu i Andoni Zubizarreta, a la sala de premsa de la Ciutat Esportiva / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

今日の昼、ジョセップ・マリア・バルトメウ副会長とアンドニ・スビサレタ強化担当ディレクターがサッカー部門の最近の状況を総括する記者会見を行なった。以下が会見を要約する10つの発言。

1.バルトメウ:「我々は2年連続して当初予定していた選手の補強金額より少ない出費にとどめた」

2.バルトメウ:「ラフィーニャ、ボージャン、デウロフェウはプロとして成長する余地があり、選手としてカンプ・ノウから離れることで成熟することができると我々は考えている」

3.バルトメウ:「ビジャの移籍合意では、アトレティコ・デ・マドリードの若手選手を優先的に確保できる権利が我々にはある」

4.スビサレタ:「バルサの選手たちは賭けの対象ではない。彼らがバルサにいるのはこれまでに良い成長をし、素質があるから。バルトラがチームにいるのは我々が彼を戦力として計算しているから」

5.スビサレタ:「これまでの歩みで柔軟な対応をしたタタ・マルティノを賞賛したい。我々は存在するなかで最も厄介な波を前にサーフィンのやり方を学んでいるところ。彼の能力は並外れたもの」

6.スビサレタ:「私はずっとゴールキーパーとしてプレーしてきて、私たちが特別な目で見られているってことは分かっている。今でも私は背番号1を付け続けている」

7.スビサレタ:「ティトには、彼が適当だと考えるすべての可能性の扉が開かれている。今私たちがしなてはならないのは彼をそっとしておくこと。彼の健康が第一なんだから」

8.スビサレタ:「プジョルはここまで厳しい時期を過ごしてきたが、今は状態が良い。我々は根拠を持ったうえで楽観的に考えている」

9.スビサレタ:「ここにいる選手の大半が派手な入団会見をしていない。多くはセルジ・ロベルトのようにバルサBから昇格している」

10.スビサレタ:「ここまで取られた決定はすべて強化部門で協議・検討されている」

上に戻る