fcb.portal.reset.password

Messi i Fàbregas, celebrant un gol. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

3試合3勝で勝ち点9。最後まで苦しまされて、汗を流して勝ち取った勝利だった。試合中に二度勝ち越して、ようやく手に入れた勝利は、メッシのゴールに続き、バルデスのセーブ、そしてマルティノのディフェンシブな姿勢があって、ようやく手にしたものだった。前半40分には、0-3 で試合を進めていたバルサだが、メスタージャに押されるように、バレンシアはその点差を縮め、最後の一瞬まで手を抜くことはなかった。 メッシは3ゴールを決め、もっとマークすることもできたくらいであり、バルサの中で最高の活躍をみせ、難しい敵地で貴重な勝ち点3点をあげた。

マジックのような40分

バルサの試合のスタートは見事なものだった。 ネイマールは非常にアクティブに動き、イニエスタがチームに指示を出し、ファブレガスがスペースを探し、マルティノの率いるチームは、メスタージャを支配していた。スピーディなプレーに、ファーストタッチで回されるボール、止められないリズムが組み合わさり、前半10分にはメッシが先制点をマークした。ブスケッツがボールを奪い、ファブレガスがアシストし、メッシが決める、完璧なプレーがそこにあった。

そこから、前半30分まで、 バレンシアは存在しないも同然だった。バレンシアが再び、目覚めた後、バルサは再び、生気を取戻し、2分間の間に2ゴールをマークした。 先制点の時と同じシナリオが繰り返され、セルヒオ―セスク―レオのコンビネーションが炸裂し、メッシの0-2のゴールへつながった。その2分後、前半40分には ネイマール が舞台に戻り、個人プレーを生み出すと、メッシが0-3を生み出した、足を前に出せばaいいという完璧なポジションに向けて、正確なアシストを送ってみせた。

ポスティガが巻き返し

ハーフタイムにたどり着く一歩手前で、バレンシアは再び、その頭を持ち上げた。ペレイラが右サイドからセンタリングを放ち、ポスティガがアクロバティックなプレーで、バルデスを超えて、シュートを突き刺した。1-3のスコアは、マルティノのチームにショックを与え、前半に付け加えられたロスタイムのコーナーから、再び、ポスティガがバルサのディフェンスを超えて、ゴールを突き刺した (2-3)。 メッシの決めた3ゴールは、バレンシアの巻き返しの前に、一瞬のうちに消え去った。

ビッグチャンス

前半のプレーリズムとゴールをキープするのは、不可能なように思われ、実際にその通りになった。両者とも試合のコントロールが減り、バレンシアの風向きが強くなったが、地元のチームはビッグチャンスを得ることなく、試合を進めていった。後半、交代させられる4分前にペドロがシュートチャンスを得たものの、63分にイニエスタが放った正確なエリア内へのアシストパスを決めきることはできなかった。

その時点から、試合の最後までジュキッチの率いるチームは、あらゆる手立てを尽くしてきたが、バルサが再び、攻撃を許すことはなかった。81分、83分に メッシが再び、ディエゴ・アウベスの前に素晴らしいチームプレーからシュートを挑んだ。試合の終盤にアルバと再び、メッシがサイド、アウベスのゴールを狙ったが、 ボールが吸い込まれることはなかった。 2-3のスコアは最終的に動くことなく、バルサは二度に渡って勝つ必要があった試合で勝利をおさめ、代表週が始まる前に貴重な勝ち点3をあげたのだった。

上に戻る