fcb.portal.reset.password

Jordi Alba, el dia de la seva presentació com a jugador del Barça / FOTO: ARXIU FCB

ジョルディ・アルバは、ティト・ビラノバにとってのキーマンと化した。FCバルセロナと過ごした最初のシーズン、バルサの‘18番’は、バルサのディフェンスの主軸となった。日々の努力と練習の姿勢で、アルバはチームメートから信頼を勝ち取り、サポーターからの愛情も勝ち取った。

ティト・ビラノバ最初の獲得選手

ジョルディ・アルバは、FCバルセロナに2012年ユーロで目立った活躍をした後、やってきた。スペイン代表でタイトルを獲得した後、バルサとバレンシアは1400万ユーロの移籍金で、合意に達した。2012年7月5日、ビラノバ時代の最初の獲得選手として、アルバが紹介された。 「僕の家族と共にホームに戻って来られて、すごく満足してます。僕にとってはビッグチャンスです。ここには最高の選手達がいるので、僕もそのレベルにふさわしい高みにいなければならない。一つの目標として自らに課していますが、プレッシャーとは思っていません」とその日、ジョルディ・アルバはバルサの選手として話した。

左サイドバックは、成長してかえってきた。FCバルセロナのユースカテゴリーで7年間、過ごした後、ジョルディ・アルバはマシアを出て、コルネジャへ移った。そこで2年間(2005-2007) プレーし、後にナスティック・デ・タラゴナで更に2年プレーした (2007-2009)。バレンシアに飛躍し、一気にトップチームに躍り出たのだった(2009-2012)。

最初の年に不動のスタメン

バルサの'18'番は、バルサのディフェンスの基盤と化した。 左サイドから攻撃に参加するスピードとディフェンダーとしてリスクを犯さないその賢さがFCバルセロナのスタメンとして不動の位置を築いた。

バルサに来た初年度、 リーグ戦では9試合を除いて全てに参戦した。今年の3月にスペイン代表とフィンランドと対戦している間に、右足の大腿二頭筋の伸展に苦しんだが、たいして時間をかけずに治った。バルサのサイドバックはそのレベルの高さを証明し、クラブが22回目のリーグ優勝を手にするのに必要不可欠な選手となった。

優れた統計データ

また、アルバは 今季、リーグ戦で29戦に参戦し、そのうち、 27試合でフル出場を果たした。 リーグ戦では、2.460回のパスを出し、リーグ全体のパサーランキングで、 チャビ (2.997)、ラヨ・バジェカーノの ロベルト・トラショラス (2.526)についで、三位であり、それだけでなく、パスの成功率が 88% という好成績を残した。

ジョルディ・アルバは、チャンピオンズリーグの全試合でもスタメンをつとめ(9)、2ゴールをマークした。国王杯では、4試合に出場し、準決勝で1ゴールを決めた。

[[BOTOVERMELL::ジョルディ・アルバ++バルサプレーヤーとしての初日::http://www.fcbarcelona.jp/football/first-team/detail/image_gallery/welcome-jordi-alba::HOR::::NO-TRACKING::::::]]

上に戻る