fcb.portal.reset.password

Foto de grup davant les Torres Petronas / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ツアーが始まってから初めて、選手達は半日のオフを楽しむことができた。 金曜日のクアラルンプールで、選手の大半はこのオフを観光に充てた。クアラルンプールの近代性の象徴であるペトロナスツインタワーは、マレーシアが力を入れて宣伝しているスポットの一つだが、バルサの選手の多くが午後の練習前に、このスポットを訪問した。

観光客のごとく

チャビ、ブスケッツ、イニエスタ、アドリアーノ、バルデスなども、このスペクタクルなオフィスタワーを訪れた。 また、その他に多くのコーチスタッフのメンバーやマルク・バルトラ、セルジ・ロベルト、オイエル・オラサバル、マッキー・フランク・バグナック、ジーン・マリー・ドンゴウなども加わった。

この452mの高さのあるツインタワーの前で、通常通りの記念撮影を行なったほか、この建物で6階分を占める14万平方メートルに渡るスリアショッピングセンターも訪れた。それ以外の選手は、クアラルンプールのチャイナタウンに足を運んだ。ペタリングストリートにあるその地区では、あらゆるものを買うことができる。

ホテルで休息

また、セスク・ファブレガス、ジェラルド・ピケ、マスチェラーノや負傷しているペドロなどの一部の選手は、ホテルに残り、休息することを選んだ。ネイマールはナイキのプロモーションイベントに参加した。選手は、13時半に戻り、ホテル内でランチをとる予定にしている。

上に戻る