fcb.portal.reset.password

Piqué, a El Marcador de Barça TV. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサは、レアル・ソシエダを前に見事な活躍で試合を4-1と制し、勝利をあげた。 その主役の一人がジェラルド・ピケだったが、試合後、バルサTVの番組に顔を出したピケは、これがクラブが進むべき道だと話した。 「僕らがやりたいという試合の好例となった。バジェカスとアヤックス戦は、勝つのに苦労したが、今回は全ての条件が揃っていた」と説明し、「おそらく僕らのベストバージョンだった。僕らは常にゴールを探し求めた。基本ラインでチャンピオンズを戦うチームを相手に、素晴らしい試合が行なえた」と付け加えた。

「僕らがいるのはバルサだ」

バルサのセンターバックは、ラヨ戦の勝利の際に議論を読んだボールポゼッションの問題についても、避けることはなかった。「議論? 僕達はバルサにいるんだ。どう機能するかはわかっている。勝つだけではすまされない。内容の伴うサッカーをしなければならない。それを知らなかった人達のために、その事実がここにある」

議論? 僕達はバルサにいるんだ。どう機能するかはわかっている。勝つだけではすまされない。内容の伴うサッカーをしなければならない。それを知らなかった人達のために、その事実はここにある。
ピケに言わせれば、 「バルサは0-4で勝った唯一のクラブだ。僕らはポゼッションを手にしたかどうか見たが、そんな統計データについては、僕らは全く知らなかったl と話し、「今日は、ベストバージョンを見られたと思うが、そうじゃなかった日もあるし、他のオプションを探さなければならない。多くオプションがあるほど、僕らはもっとよくなる。それをタタが取り入れたいと思っているなら、どんなことでも、僕らは喜んで受け入れたいと説明した。

記録の始まり

ここまでで、バルサはリーグ開幕戦から、6連勝をおさめている。ピケにとっては、「僕らがうまく進んでいることを反映している。チームが勝ち続けている限り、僕らは傷つけられることはない」と話し、バルサの‘3番’は、「フィジカル的にも調子はいいし、とても満足している。リーグ戦は(全員に)開かれている。アトレティコ・デ・マドリードも僕らと共に上位にいる。今回のリーグ(制覇)は難しく、競合の多いリーグになるだろう」とコメントした。

上に戻る