fcb.portal.reset.password

記者会見で応対するジェラルド・ピケ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]] 試合前日記者会見には、マンチェスターに思い出のあるジェラルド・ピケー17才でアレックス・ファーガーソンが率いていたマンチェスターユナイテッドに移籍したーが姿を現し、ヘラルド・マルティノ監督と共に、マスコミ対応を行なった。

ジェラルド・ピケ

「人生を追い求めてここに来た時、僕はまだ子供だった。ここで素晴らしい3年間を過ごした。バルサの次の僕の二番目のホームは、マンチェスターユナイテッドだよ。僕にとてもよくしてくれたのだから

「でも、その時代はもう過去のものだ。今回は同じ町の別のチーム、マンチェスターシティと対戦しに来たのだから」

「歴史的に僕らはベスト16の進出に苦労してきた。去年はミランを相手に2-0で負けた。」
最近の試合で、僕らはボールを手にし、チームワークもよく、非常にいいレベルの試合をしている。とてもいい状態でここに来ている。

両チームともいい調子でこの試合を迎えている。スタジアムの雰囲気が影響するとは思えない。なぜなら、両者とも自信を持ってこの試合を迎えているからだ

チームはすごくいい仕事をしているし、それにはマルティノが非常に大きな影響を与えている。最近の試合で、僕らはボールを手にし、チームワークもよく、非常にいいレベルの試合をしている。とてもいい状態でここに来ている

「マンチェスターシティは、非常に良いチームだ。クオリティが高く、バリエーションをもっている」

ネグレドはいつも素晴らしいシーズンを過ごしていた。ただ、今年はシティのようなビッグチームでsれが爆発したというだけだ」 まだ3か月残っている。22試合は、そんなに多い数ではない。できる限りの全てを出す。僕らは全制覇することだってできる。
「これは、僕らは素晴らしい選手を手にしていて、だからこそここにいるんだということを証明できる素晴らしいチャンスだ:
「もし、チャンピオンズを制覇したいなら、最高のチームと戦わなければならない」
「まだ3か月残っている。22試合はもう、そんなに多くない。できる限りの全てを出す。僕らは全制覇することだってできる」

マルティノ「ボールを手にできなかった方が苦しむ」

「シティは、私達と非常に似た性格を持ったチームだ。おそらくもっとダイレクトサッカーかもしれないが、ボールをてにするのが好きな選手がたくさんいる。この試合は、両チームが試合を作り出そうとするだろうから、ボールを手にできなかった方が苦しむことになるだろう」

「ポゼッションをキープすることは私達にとって有利になり、シティの可能性を減らすことになるだろう」

「外からも内側からも、戦術プレーも危険なチームだ。プレミアムで再得点を挙げているチームをコントロールするのは難しい。守らなければならない時は、守るが、最もいい方法は相手からボールを奪うことだ」

上に戻る