fcb.portal.reset.password
国王杯カルタヘナ戦でのペドロ

国王杯カルタヘナ戦でのペドロ

「ゴールを決めることは、常に自信につながる」とペドロ・ロドリゲスは試合後に話した。ペドロは、国王杯のカルタヘナ戦で、モントヤのアシストを受けて、ネットを揺らして、先制点を決めた。
ゴールが決められて満足している。チームを助けているからだ。それにチャンスを手にしていることにも満足している「僕らはいい形で進出を決めることができたし、それは大切なことだ。僕らはこの試合が簡単ではないとわかっていた」とコメントした。

「人々は素晴らしい努力をしてくれた」

ペドロ・ロドリゲスは、平日の遅い時間であり、第一戦の結果(1-4)があったにもかかわらず、カンプノウに足を運んだ47.280人の人々に感謝のことばを述べた。「ファンの人達は試合の環境にも関わらず、素晴らしかった。自治州の民放でテレビ放映される試合だったにもかかわらず、人々は素晴らしい努力をしてくれたし、それは感謝に値することだ 次の国王杯の対戦相手となったヘタフェについては、バルサの‘7番’は、「難しい試合になるだろうが、一歩ずつ進んでいく。準決勝まで行きたいと思っているが、ヘタフェは手ごわい相手だ。特に彼らのホームではそうだ」と話した。

ネイマールJr.

「ヘディングシュートはほとんど決めないが、バルサでは、何度かやっていた」

「彼らは非常に下がっていたが、僕らは3ゴールを決めることができた」

「僕はバルサのような偉大なチームで、素晴らしい人達と一緒にプレーしていて、とても幸せだ」

「マンチェスターシティは、素晴らしいクオリティを持ち、いい内容のサッカーをするチームだ」
ESP
上に戻る