fcb.portal.reset.password

ペドロ、バルサTV / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ペドロ・ロドリゲスは、バルサTVの中で、ロッカールーム内は非常につらい時間を過ごしていることを明かした。ヘタフェを相手にロスタイムに点を決 められ、リーグタイトルにほぼ別れを告げることになった今、ロッカー内は「落ち込んですさんでいる」と放言し、ラフィータが決めた2-2の試合について は、「いい試合をしたが、得点が不足している」と分析した。

また、ペドロは今季が「非常に難しい」ものであり、サッカー以外の面でチームを取り巻いた状況を振り返り、今季、リーグ争いに最後まで参戦できなかったこ とを悔いた。また、「自分が50ゴール決めるよりも、勝つことを好む」と話し、「いつもピッチに立てるよう、努力している」と付け加えた。 の1週間は本当につらかった。特に精神的に。ティトは、とても愛されていた人だったんだ。近い将来については、「リーグ戦を終えて、次の年のことを考える」ことだといい、「タイトルを制覇し続けていくための素晴らしいチー ムを手にしていると思う」と付け加えた。

 バルサの'7'番は、ティト・ビラノバが亡くなったことについても話し、「この1週間は精神的 に本当につらかった。彼は本当に愛されていた人で、信じられないほどに忠実で、真っ正直で。誰もが彼の人柄を愛していた。僕らにとっては、とてもつらい出 来事だった」と明かした。

上に戻る