fcb.portal.reset.password

 

カンプノウでムルシアとの対戦だった。 ペドロ・ロドリゲスは、2008年1月12日に行なわれたその試合で、FCバルセロナで公式デビューを果たした。その試合で、2ゴールを決めたサミュエル・エトーに変わってピッチに立った(4-0)。それから、6年たち、FCバルセロナでの公式戦250試合目を迎えた。.

シーズンごとに、成長し、バルサになくてはならない存在になり、グアルディオラ、ティト・ビラノバ、そして タタ・マルティノと全監督の信頼を勝ち取り、チームにスピードを与えるバルサの'7'番を重用している。また、その優れたテクニックに加え、今季は多くのゴールも決めている。

ペドロのゴールの重要性

7シーズンを過ごし、ペドロはその得点能力も証明している。トップチームで89ゴールを決めている。初めてゴールを決めたのは、スペインスーパー杯、アスレティック・クラブを相手に試合を行なった2009年8月16日であり、そのゴールがバルサに勝利を与えることになった。更にその12日後、彼のキャリアの中でも最も大事なゴールを決めることになる。シャフタル・ドネツクと対戦した欧州スーパーカップの延長戦115分に、ドローを破るゴールを決めて、バルサに欧州タイトルをもたらしたのだった。

ペドロは、また、2009年のクラブワールドカップの先制点もマークし、キーマンとなった。決勝で エストゥディアンテスを相手に、当時、ペドリートと呼ばれていたペドロが89分に同点弾をマークしたのだった。その後、延長戦でメッシがゴールを決めた。また、ペドロが チャンピオンズリーグで決めたゴールもある。それは2011年の準決勝第二戦だった。 相手はレアルマドリードであり、舞台はカンプノウだった。そこでペドロはウェンブレイの決勝につながるゴールを決め、更にそこでも、マンチェスターユナイテッドを相手に先制点をマークしたのだった。

良いリズムで得点

2009/10年に証明したペドロの得点能力は、南アフリカワールドカップでも発揮された。彼の自己記録となる23得点をマークし、その翌年は 22ゴールを決めた。その時から、20ゴールの壁を破らずに来ているが、今年はリズムよく得点しており、  36試合に参戦し、既に16ゴールを決めている。  既に2011/12年 (13) 、 2012/13 (10)年のっ自己記録を超えた形だ。

また、今季、ペドロは、新たな記録を作った。たった1試合で3得点を決めたのだ。既にダブルゴールは決めていたが、ラヨ・バジェカーノとヘタフェのホームでハットトリックを決めて、そのボールを記念に家に持ち帰っている。

上に戻る