fcb.portal.reset.password
フアンフランとボールを競るペドロ

フアンフランとボールを競るペドロ/ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

  • ペドロはアトレティコ・デ・マドリードを前にバルサのユニフォームを着て150試合目のリーグ戦を戦った。この大会でペドロは48ゴールをマークしている。また、バルサでの250試合を迎えるまで、あと7ゴールと迫っている。
  • チャビはFCバルセロナでの700試合前を迎えるまで、後、1試合と迫った。タラサ出身の選手は、セルヒオ、イニエスタと共にプレーしたが、3人が揃ったのは、サン・マメス以来だった。
  • ダニ・アウベスは、カルデロンで5枚目のイエローカードを受けたため、次のリーグ戦、日曜日のレバンテ戦は累積欠場となる。l
  • アレクシス、セスク、ペドロのアタッカー組が4試合連続でスタメン出場した。その前にリーグ戦、国王杯でのヘタフェとの対戦、エルチェ戦でも起用されていた。
  • FCバルセロナにとって、今季、三度目のスコアレスドローでそのうち、二回がアトレティコ・デ・マドリードとの対戦だった。スペインスーパー杯のカンプノウで行われた第二戦ともう1試合はパンプローナでのオサスナとの対戦だった。
  • バルサが今季、アトレティコ・デ・マドリードと戦った三試合は、全部ドローで終わっている。スーパー杯の第一戦は1対1のドローであり、第二戦、今回のリーグ戦がスコアレスドローの結果に終わった。
  • セルジ・ロベルトは12試合連続でプレーしている。そのうち、5試合はスタメン出場しており、7試合でベンチスタートしている。カルデロンでは、ベンチでスタートしたが、81分にペドロに代わって入った。
  • バルサは試合中、766回のパスを出し、そのうち、成功したパスが 651回だった。一方、アトレティコのパス数は 346回で、成功したパス数は 240回だった。
  • メッシとネイマールは2か月ぶりにピッチで顔を合わせた。二人はメッシが負傷したベティス戦以来、一緒にプレーしていなかった。水曜日、ヘタフェ戦でメッシが復帰した試合では、ネイマールが欠場していた。
  • リーグ戦での アトレティコ-バルサ戦がスコアレスドローで終わったのは、2度目だ。前回は2003/04年だった。
  • バルサはリーグ戦でさらに1周、首位を守ることになった。これで57週間連続で首位をキープしている計算になる。
  • バルサは3試合連続で無失点記録を続けている ( エルチェ、ヘタフェ、アトレティコ・デ・マドリード戦)。 タタ・マルティノが率いるチームが、今季行なった30試合中15試合で無失点を達成している。

上に戻る