fcb.portal.reset.password

選手が土曜日に着用するユニフォーム

次の土曜日、ヘタフェとの試合が行われるリーグ戦で、カンプノウは、トップチームの選手であり、監督でもあったが、4月25日に逝去したティト・ビラノバとの最期のお別れを捧げる。

クラブは、この惜別をトップチームとサポーターのものと位置付けており、選手は、 'Tito, per sempre etern'(ティト、永遠にいつまでも)のメッセージが胸に入ったユニフォームを着用して、ピッチに立つ。

試合が開始する前に、スタジアムにはティトとの思い出を集めたビデオがスコアボードに流れ、バルサのクラブソングが流れる予定になっている。また、マネル・ビックがティト・ビラノバに黙とうを捧げる瞬間の音頭をとる。

クラブはソシオ、ペニャ、サポーターの人々に十分、時間をとってスタジアムに来て、ティト・ビラノバへのお別れが行なえるように、試合sが始まる10分前には各自の籍に着席するよう、促している。

12.000通以上の追悼メール

カンプノウの哀悼スペース以外にFCバルセロナは、スタジアムに来られないが、、ティト・ビラノバにお別れを告げたいサポーターのために、メールアドレス (TitoEtern@fcbarcelona.cat)を開設したが、今日現在で 12.128 通ものメールが世界中から送られてきている。

人種差別反対のメッセージ

FC バルセロナは、 人種主義反対の戦い をあらためて受け止め、無条件に支持し、 UEFAが毎試合、訴える「敬意と人種主義反対」を支持する。

このイニシアティブへの一女として、クラブは今週末の試合中、 'No al racismo' 、 'No to racism' (いずれも、人種差別にノー、の意)のメッセージを送る。

上に戻る
_satellite.pageBottom();