fcb.portal.reset.password

Valdés, durant el partit a Balaídos / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナは、ビーゴで更なる勝利をリーグ戦で重ねた (0-3)。 その試合のデータをここで改めて検証する。

•バライドスでの試合は、今季、FCバルセロナが無失点で抑えた9試合目となった。まだ、16試合しか行われていないにもかかわらずだ。

• バルデスは、今季開幕戦で、たった1ゴールも許すことはなく、3試合連続無失点にお褪せていた。セルタ戦前まで二試合連続で失点していたが、ビーゴでは4回に渡り、セーブをみせた。

• また、 アレクシスはこの試合で百戦目を迎えた。 セルヒオ・ブスケッツは、バライドスでトップチームのユニフォームを着て、公式試合250試合目を迎えた。今季は、9ゴールをマークしている。

ダニ・アウベスほど、正確なパスを出した選手は他にいなかった(66)。アウベスの後にはバルトラが続いた(63)

• ブラジル人サイドバックは、ボールを取り返した回数も最多だった(15)。

• バルトラがスタメンでプレーしている5試合での失点合計は、たった1だ。

• プジョルは、彼がスタメンとしてプレーした2試合とも、試合が無失点という恐ろしい統計をアdしている。両試合とも、彼のセンターバックの女房役はバルトラだった。

• バルデス以外で、最もスタメンの回数が多いのは、試合の途中で用心のため、交代したアドリアーノ (10)とブスケッツ (4)だ。

今季、アレクシスはリーグ戦で既に6ゴールを決めている。バライドスでの試合は、セルタ・デ・ビゴを相手に初めて得点した。

• セスクは、リーグ戦で2得点目だった。バルサの選手としては、32ゴールを決めており、アレクシスと並んでいる。

• バライドスの試合は、アレクシスとセスクが同じ試合で得点した6度目のケースとなった。二人が同時に得点する時は、必ず、バルサが勝利をあげている。

ネイマール Jr が、今季、ベンチを温めて試合を終えたのは2回目だった。最初はアルメリア戦だった (0-2)。

上に戻る
_satellite.pageBottom();