fcb.portal.reset.password

Neymar, a la portada de 'Titan Sport'

“自分の家にいるような感じ”ー。ネイマール・ジュニアはこう話した。“クラブのほかチームメイト、監督やコーチ、クラブ職員、ファンとみんなが僕を暖かく迎えてくれている”とブラジル人選手。バルサがクラブとして最多のフォロワーを抱える同国のツイッター、Tencento Weiboで選手には200万人以上のファンがいる。北京を訪れたネイマールに対し同国最大のスポーツ紙、チタン・スポーツがインタビューを行い、1面から数ページにわたって掲載した。

ブラジル人選手はチームメイトのレオ・メッシに共感するところがあるとし、“ピッチでもっと彼をサポートできるようにしたい。彼と一緒にプレーできることは僕にとって誇り”と話している。ネイマールはアルゼンチンフォワードのことを“天才”との言葉で表現している。

“みんなにとって素晴らしいシーズンにしたい”

FCバルセロナでの適応について、ブラジル人選手はチームメイト以外にもヘラルド・マルティノ監督についても話している。“偉大な監督。タタと一緒に仕事ができるのはファンタスティックなことで、みんなにとって素晴らしいシーズンになることを祈っている”。

これまでにクラブに所属したブラジル人スター選手がそうだったように、ネイマールもバルサとカナリア軍団でのプレーを両立させている。前サントス所属選手は“言葉にして説明するのができないほど光栄なこと。2つのユニホームには多くの名誉と歴史がある。代表にいられて幸せ。それはずっと夢見ていたことなんだから”。

ブラジルとヨーロッパのプレーの違い

ブラジルとヨーロッパのサッカーの違いについて問われると、ネイマールはこう答えている。“ヨーロッパではいつでも相手チームをしっかり守らないといけない。バルサではボール支配がとても大事。一方でブラジル代表では相手DFをかわし、シュートし、得点を狙うことが最も重要なこと”。

追記:バルセロナの観光

練習や試合でスケジュールが一杯の選手はしっかりとバルセロナの名所を訪れることができていないとしている。すでに訪れた数少ない観光地の中の一つがサグラダ・ファミリア。もっともブラジル人選手は「ほかにもたくさん素敵なところがあるのは写真を見て知っている」と言う。車で見たところもあると言い「いつかその場所を訪れたいと思っている」と話している。

上に戻る