fcb.portal.reset.password

 

ネイマールr Jrとレオ・メッシ、そしてセスク・ファブレガスの3人は、スペインリーグにおけるアシスト王のトップ6にランクインしている。 最初の12節を過ぎて、ブラジル人FWは、7アシストを記録しており、一方、5位のメッシ、6位のセスク(二人ともアシスト数は4)とあわせると、3人で15アシストを生み出しており、また、アシスト以外に、3人は、リーグ戦で13ゴールを決めている。

間にいるのは、コケ、カニ、スソ

ネイマールとメッシ、セスクの間に‘横入り’しているのは、FCバルセロナの選手ではない。6アシストを出しているコケ(アトレティコ・デ・マドリード)とそれぞれ、5アシストを決めているカニ(ビジャレアル)とスソ(アルメリア)だ。バルサの選手としては、テジョ、ペドロ、アレクシスがアシスト2で続いている。

このランキングトップ10に三人もの選手を選出しているクラブチームは、バルサを除いて皆無だ。最も近いのは、レアルマドリードで、ベイル(4アシスト)、クリスチャン・ロナウド(3アシスト)がランキングの上位を占めている

それと別に、FCバルセロナが最もゴールを多く生みだし、また、失点の少ないクラブチームであることも忘れてはならない。得点数は34、失点数は7とこれも、リーグ戦のトップだ。


上に戻る