fcb.portal.reset.password
ビジャレアル戦でネイマールが成功させたパスの図解

ビジャレアル戦でネイマールが成功させたパス/ Font: App FCBlive (Ipad)

チャンピオンズリーグでハットトリックを決めた後、ネイマールJr は、再び、ゴール記録を伸ばすことになった。水曜日(セルティック戦)とこの土曜日(ビジャレアル)のmで、バルサの11番は5ゴールを得点している。これは、バルサの選手として最初の19試合をこなした末の数字だ。

ネイマールは、最高の瞬間をバルサで過ごしている。最近のその効率的な彼の活躍は、10ゴールをもたらし、チーム内の得点王ランキング2位に押し上げた。その上にいるのは、負傷しているレオ・メッシ(14)のみだ。ペドロ・ロドリゲスとは、ゴール数を分け合っている。

オープナー

この試合で、ネイマールは前半30分にPKを決めて、先制点をマークし、後半はアレクシスの見事なアシストパスを受け、2点目を決めて、試合を2-1にした。ネイマールは、10ゴールを今季、得点した計算となる(リーグ戦6、スーパー杯1、チャンピオンズリーグ3)が、そのうち、5得点はFCバルセロナが先制するのに役立っている。

再び、バルサの11番はPKを決めることになった。メッシがいないため、その責任は現在、イニエスタ、セスク、そしてネイマールに振り分けられており、今季はセルティック戦に続いて、ネイマールが決めることになった。このゴールで、ネイマールJrは、バルサのみならず、サントス、ブラジル代表、U-17,U-20 で決めてきたPKを含めて全キャリアを通して、35回目のPKゴールを決めることになった。

ヘタフェ戦、欠場

CKでのアクションにより、ネイマールJrは、リーグ戦5枚目のイエローカードを受けることになった。そのため、次の大会の試合、日曜日に行なわれるヘタフェ戦(17時)を欠場することになる。

上に戻る