fcb.portal.reset.password

En blau, les passades bones de Neymar Jr. En vermell, les de Bale, també debutant

今週の土曜日行われた バルサ-マドリード戦は、タタ・マルティノをベンチに、ネイマールをピッチに迎えて行なった最初のクラシコだった。続けてクラシコ関連の興味深いデータをまとめてチェックする。

ネイマール Jr は、最初のクラシコでゴールを決めてデビューした。同様にクラシコデビューをゴールで飾った選手には、ロマリオ、リバウド、ロナウディーニョなどのブラジル人選手ほか、イブラヒモビッチ、ビジャなどがいる。最初にバルサのトップチームでデビューした年に、マドリードにゴールを決めた選手には他にも、ピケ、アレクシス、ジョルディ・アルバがいる。

•  バルサの'11'番は、カンプノウでの最近のリーグ戦3試合でゴールを決めている。 レアルソシエダ戦(4-1) 、バジャドリード戦  (4-1) でもゴールをマークした。

• 一方のアレクシスは、既にマドリードを相手に3ゴールをマークしている。最初のゴールはベルナベウで決めており、残りの2ゴールはホームで決めたものだ。全てリーグ戦でマークしている。

チャビは、今回のクアrしこでバルサ史のリーグ戦で最も数多くクラシコを経験している選手となった。これで26回、クラシコに出場しており、25回出場のミゲリとプジョルを超えた。あらゆる大会を含めれば、バルサの‘6’番は、38回、クラシコに参戦しており、チャビを超えてクラシコを経験しているのは、サンチス (43) とヘント (42)のみだ。

•チャビは、今回のクラシコで最もよいパスを出した(81)。これに続くには、ブスケッツ (51)、 メッシ (45) 、 イニエスタ (44)だった。マドリードで最も正確なパスを出したのは、バランだった (43)。

試合におけるポゼッションはバルサが上回った (54% 対 46%) FCバルセロナのヒートマップをここに再現する。



リーグ戦でマドリードを2-1で最後に制した試合は、 1992/93年の第一節だった。 その日、ゴールを決めたのは、バケーロ、ストイチコフ、ミチェルだった。

バルサがマドリードに勝利をあげたのは、5試合ぶりだった。最後にバルサがマドリードに対して勝利をあげたのは、昨年のスーパーカップの第一戦だった (3-2)。 その時以来、レアルの3勝1分けだった。

• 今季、初めて、テジョが招集リストから外れた。もう一人、外されたのは、バルトラだった。

スタンド観戦者、最多記録

今週の土曜日、カンプノウのスタンドには 98.761 人が観戦に訪れ、今季の新記録となった。今季の最高記録は、チャンピオンズリーグ、バルサーアヤックス戦 (4-0) の 79.412人だった。また、昨年の バルサ-マドリード戦は 96.589人が観戦した。

上に戻る