fcb.portal.reset.password
チャンピオンズリーグの雑誌イメージ写真

チャンピオンズリーグの雑誌イメージ写真

 UEFA チャンピオンズリーグの公式雑誌を通して、ネイマールJrは、バルサへの到着を振り返り、また、ロマリオやロナウド、ロナウディーニョ、リバウドのような偉大な選手と同等になれるよう、望んでいる願っていることなどを明かした。移籍について「ブラジルを出る時だった。僕はこの素晴らしいクラブに来ることを選んで、彼らは大きく腕を広げて迎え入れてくれた」とネイマールは話し、また、入団発表の日に、カンプノウで5万人もの人々が迎えてくれたことにとても感動したことも、付け加えた。

歴史的なブラジル人選手

ブラジルに起源を持つバルサの歴史的な選手達について、ネイマールはその中でも、4人について話した。その四人とは、ロマリオ、ロナウド、リバウド、そしてロナウディーニョだ。「ロナウディーニョはバルサに歴史を築いた。彼がピッチ上で行なったことは、素晴らしかった。ロナウドは正しい道を選択したし、ロマリオやリバウドはそれぞれ、独自のスタイルを持っていた。全員が似ているとは思わないし、僕も僕自身のスタイルを持っている」とバルサの‘11番’は話し、「彼らと同じような偉大さを手にできることを願っている」と付け加えた。

ロナウディーニョはバルサに歴史を築いた。彼がピッチ上で行なったことは、素晴らしかった。ロナウドは正しい道を選択したし、ロマリオやリバウドはそれぞれ、独自のスタイルを持っていた。

また、チームに適応するのに最も尽力してくれた人物として、ダニ・アウベスの名前を挙げ、「必要な時に助けてくれる偉大な友人が隣にいなければならない。僕にはアウベスがいる。彼は僕の適応において、本当に大切な存在だ。クラブ内外を問わず、僕と僕の家族をすごく助けてくれた」と説明した。

順調に適応

また、バルセロナへの到着について、ネイマールは、最初は常に簡単ではないとも話した。「夢みたいに感じた。隣を見るとメッシがいて、反対側を見るとチャビがいる。僕は信じられないくらいに幸せだし、恵まれていると感じている。でも、恐れることは何もない。僕はプレッシャーや周囲からの期待にもうまく適応できている」と‘カナリア’のアタッカーは、話している

メッシとは目を見るだけでわかりあえる。一緒に練習しているし、どんどん良くなっている。

「メッシとは目を見るだけでわかりあえる。一緒に練習しているし、理解度は、どんどん良くなっている。プレーし、チームのために尽力すること、それが僕らが求めていることだし、それによって僕らは良くなっていく」とネイマールは話し、また、チャンピオンズリーグの試合を常に追っていたことも明かした。「チャンピオンズリーグの試合はいつも見ていたよ。最高の選手達がそこにはいる。そこでプレーすることは夢だ。僕はその夢を現実にしているんだ」とネイマールはまとめている。

上に戻る