fcb.portal.reset.password

Neymar arriba als 300 partits.

今週の水曜日、ネイマールJrは世界にあるサッカーの大会の中でも、最も重要な大会の一つでデビューした。アヤックスとの対戦は、彼にとって初めてのチャンピオンズリーグであり、その試合は、ネイマールがプロとして参戦している公式試合300試合目という記録と重なった。

サントスでデビューした時、彼はたった15歳だった。それから8年間の間、サントスで230試合に参戦した。代表選手としては、ブラジルのA代表及び‘カナリア’ユース、オリンピック代表、U-20daihyou ,U-17代表と合わせて59試合を戦っている。現在は、バルサのユニフォームを着て11試合―公式試合8試合、親善試合3試合―に参戦し、21歳の若さで既にプロとして300試合をプレーした計算になる。

181ゴール、 94 アシスト

これら300試合で、ネイマールは合計181 ゴールをマークしている。 これは 1試合平均0,61 ゴール.だ。 また、得点能力だけではなく、ネイマールはアシストの名手としてのポテンシャルも高い。それはバルサに来てから、最近3試合でゴールを決めるラストパス、アシストを3回出していることからも証明済みだ。最後にそれを証明したのは、アヤックス戦で、エリア内に出したセンタリングパスをピケがヘディングシュートで決めた時だった。バルサの‘11番’は、キャリアを通して94回のアシストを決めている。

2013年、 ネイマールは既に 50 試合に参戦し、その中で 26ゴール、21アシストを記録している。

 

上に戻る