fcb.portal.reset.password

Neymar, durant la presentació del Barça 2013/14 / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

2013/14年 タタ・マルティノのバルサは、バルセロナのサポーターの前に、公式に発表された。今週の金曜日の夜、48回目のジョアン・ガンペル・トロフィーで  サントスとの対戦だった。最初にピッチに飛び出したのは、スタッフコーチだった。一人一人を紹介していき、ロウラ、ルビ、パウタッソに囲まれて、ヘラルド‘タタ’マルティノがピッチに姿を現すと、この日、最初の大拍手に包まれた。

その後は、選手の番だった。今年もまた、最も大きな拍手を浴びたのは、レオ・メッシだった。最後に現れたのは、今年、唯一の補強、ネイマールだった。ネイマールの到着への期待は、その拍手の大きさが物語っていた。最後に、四人のキャプテン、プジョル、チャビ、イニエスタ、バルデスが現れた。

ティトを思い出させたプジョル

キャプテンのカルラス・プジョルと監督の タタ・マルティノは、サポーターに向かって、この日の夜、マイクを握った。プジョルは、ティト・ビラノバへの励ましのメッセージを送った。 「僕らは、ティト・ビラノバ力を込めたハグを送りたい。是非、元気に力強く頑張って欲しい。僕らが一緒にいる」と話し、「今こそ、全員が一致団結する時だ。もし、チームとサポーターが力を合わせれば、全てを乗り越えて、シーズンの最後にはタイトルを一緒に祝えると信じている」 と付け加え、新しく加わったメンバーを歓迎していると伝えた。

タタ・マルティノの目標

タタ・マルティノもマイクを握り、サポーターに向かって声をあげた。‘ボナ・ニット’(カタルーニャ語で、「こんばんは」の意味)と声をかけると、バルサのトップチーム監督になれた幸せを示し、 「クラブのためにタイトルを制覇する一年であることを約束する」と話した。

上に戻る