fcb.portal.reset.password

Gerardo Martino, al Camp Nou, durant la presentació de l'equip. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

「監督を変えれば、勝利は確実」とは、よく使われる言い回しだが、バルサのベンチの場合、それがリーグ戦の開幕戦であれば、かなり高い確率で当たっている。最近25年中、ジェラルド・‘タタ’・マルティノ は、リーグ開幕戦でデビューする9人目の新監督になるが、その殆どは前向きなスタートを切っている。過去のデータは8試合中6勝1分1敗だ。

ソリアでの黒星

その前任者、ティト・ビラノバ は、昨シーズン、勝ち点100のリーグを達成したが、そのスタートをレアル・ソシエダとの開幕戦を5-1の大勝でスタートを切った。この四半世紀において、新しい監督が唯一、開幕初戦で黒星を喫したのは、2008年、ペップ・グアルディオラがヌマンシアのスタジアムで1-0で負けた試合のみだ。とはいえ、その後、プレーを伴った結果が生まれ、三冠を手にするに至った。

サン・マメスを制したライハールト

その前に、オランダ人監督、フランク・ライハールトがその後、5年間、続くことになる時代の幕開けをサン・マメスの0-1の勝利でスタートした。ゴールを決めたのはコクーだった (2003/04)。一方、ルイス・フアンハールは、アトレティコ・デ・マドリードをカンプノウで迎え、最初の開幕戦はドローに終えた (2-2)。バルサで二度目の監督をつとめた時だった 2002/03)。ジョレンス・セラ・フェレールは、カンプノウでマラガを2-1で制し、2000/01のデビュー戦での幸運を得た。

クライフのデビュー

90年代、 フアン・ハールが初めてバルサのスタジアムに足を踏み入れた際は、レアル・ソシエダを相手に3-0で勝利を収めた(97/98)。その前にイギリス人監督ボビー・ロブソン は開幕戦で、オビエドのホームで2-4の勝利を収めた。25年前、ヨハン・クライフは、エスパニョールをカンプノウで2-0で破り、勝利をもたらした。その時以来、新監督は国内リーグの開幕戦は必ず、勝利をあげている。

上に戻る