fcb.portal.reset.password

Martín Montoya, a la roda de premsa d'aquest dijous. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

メッシについで記者会見に現れた 右サイドバックのマルティン・モントヤは、 来季への抱負を語った。「ダニ・アウベスにとって脅威を与えて、毎日、日々、ポジション争いをしたい。簡単ではないが、一生懸命やれば。プレー時間がもらえるのではないかと期待している」

モントヤは昨シーズン、自分に与えられた役割を理解している。 「僕は(昨季の)プレー時間数に満足している。ポジションを得るためには頑張らなければならない」。主役の座を得るために努力するつもりであり、次のワールドカップに向けて、スペイン代表でも居場所を作りたいとの希望を隠さない。「出ていくことは考えたことがない。僕はここで集中していきたいし、多くの時間をここでプレーし続けたいと思っている」

ティアゴからセルジ・ロベルトへ

モントヤは、ティアゴ・アルカンタラの移籍について、マシアでの新しい才能の出現で応えた。 「ティアゴが世界のベストプレーヤーの一人になることはわかっている。偉大な選手が去った。彼はその道を選んだ。その後に、新たなクラックになるだろう選手がやってくる。セルジ・ロベルトのことだ。彼がバルサの将来の中盤を担うことを期待している」

モントヤは現在のユース組織の状況についても意見した。 「下から選手をあげるシステムはキープしている。多くの選手がトップチームにいるし、その競合も厳しい。ある選手は残り、他の選手はプレー時間を求めて出ていく」 と自らの視点を表現した。

プレシーズン3日目

トップチームの選手12人とバルサBの選手11人が共に本日の練習を行なった。

二日間のダブルセッションを続けた結果、ティト・ビラノバは、木曜日の午後は休息を与え、金曜日に再び、トレーニングに戻ることを決定した。

プジョル、クエンカ、アフェライは、通常のリハビリ練習を行なった。

上に戻る