fcb.portal.reset.password
2007年のクラシコでのメッシ

2007年のクラシコでのメッシ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

399 試合、4 回のバロンドール、 3度のゴールデンシューズ、などをはじめとするレオ・メッシのサッカー選手としてのキャリアを改めてここで振り返る。

  • 400試合目を迎え、メッシはバルサの公式試合最多出場ランキングのトップ10に入る。ホセ・ラモン・アレチャンコと10位で並ぶことになる。
  • メッシのトップチームにおけるメッシの公式デビュー戦は、2004年10月16日に行なわれたモンジュイックでのダービー戦で、試合の82分にデコと代わって入った。17歳3か月22日だった。
  • メッシの初ゴールはカンプノウでのアルバセテ戦であり、2004/05年34節での試合だった。
  • 最初に決めたハットトリックは、2007年3月10日まで待たなければならなかったが、試合はリーグ戦のクラシコだった。

  • 200試合目を戦ったのは、 2010年3月24日でホームにてリーグ戦でオサスナを相手にプレーした。
  • プロの全キャリアを通して、一度も退場させられたことがない。
  • これまでの 399 試合中、レオ・メッシは 331ゴールをマークしている。

  • メッシはバルサの公式戦における最多得点王で、また、全史を通しても最多得点王になる寸前だ。パウリノ・アルカンタラが 369ゴールをマークしており、メッシは 358ゴールを決めている (公式戦、親善試合を含む).
  • もっとも多くゴールを決めたシーズンは、 2011/12年で、73試合中60ゴールをマークした。
  • チャンピオンズリーグ史において、65ゴールをマークし、最多ゴールランキングの2位だ。1位のラウル・ゴンサレスの数字まであと6ゴールと迫っている。
  • スペインリーグ史における最多ゴールランキングの5位(223)に位置している。メッシの上位の選手に近付いており、上位にはサラ(251)、ウゴ・サンチェス (234)、ラウル (228)、ディ・ステファノ (227)がいる。

上に戻る