fcb.portal.reset.password

Leo Messi celebra el gol marcat contra l'AC Milan / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

レオ・メッシ は、カンプノウで行われたFCバルセロナ対ACミラン戦の主役となって際立った。メッシは、バルサが決めた3ゴールの中の2ゴールを決めた本人であり、少しずつ、その感触を取り戻している。それが、バルサの‘10番’がUEFA.COM のインタビューで話したことだった。「僕は落ち着いているよ。少しずつ、リズムを取り返している。90分プレーした後に、また90分間、プレーすることは僕にとって、フィジカルを取戻し、怪我する前の状態寸前にもっていくのに役に立っている」「わずかな期間に二回の負傷が続いた。それはひびくものだ。少しずつ、向上しているよ。僕は落ち着いているよ」 と現況を説明した。

「基本形でバルサが上」

メッシの先制点は、ペナルティから決まった。「その瞬間によって、計画的にいくかどうか決める。このキーパーには、既に何度もPKを蹴ったことがあったが、それでも、多くの迷いがあった。彼は背がとても高いし、ハイボールにもローボールにもうまく対応する。だから、最終的に真ん中に蹴って、確実に決めることにしたんだ」とメッシは説明した。既にチャンピオンズリーグで、そのキャリアを通して、ミランを相手に8 ゴールをマークしている。

どんな試合であれ、メッシのことばを借りれば、「基本的にバルサの方が上だった」という。「最初から、僕らは試合を支配することができていたし、ほぼいつもと同じように僕らが主役だった。前半にオウンゴールが入ってしまう不運があったせいで、少し、状況が難しくなってしまったけれどjとメッシは試合を分析した。

上に戻る
_satellite.pageBottom();